乾燥した顔にはどんなスキンケアがいいの?

乾燥した顔にはどんなスキンケアがいいの?

顔のラインがゆるんできて、スキンの薄い目の辺りのクマやお肌のくすみが次から次へと出てくる。

お顔の肌は乾燥するしちょっとした肌ダメージを引き起こすとどうやっても立ち直らない。

そんなとき、助けてくれるのがいろんな化粧水とクリームですね。

でも、使い方を間違うとダメージ肌を治すどころかさらに荒れてしまうこともあります。

ここでは、乾燥肌の顔にどのようにすればいいのかスキンケアについて考えてみました。

乾燥肌から脱出するコツとは?

ほとんどのお肌のトラブルは、まず乾燥肌から始まります。

このカサカサ肌から脱出することが大切なんですが、じつはチョットしたコツがあります。

顔の汚れから脱出

顔の汚れとは、インナーから分泌される汗や皮脂とか皮膚にある常在菌がもたらす代謝物から、外側から引っつくホコリなどといったところです。

こういったものをきちんと落とすには、肌に優しい弱酸性で、負荷が低く洗浄する力の高いアミノ酸系洗浄剤をうまく使い、

その濃さとボリュームに基づいてよく泡立て、くれぐれもゴシゴシしないことです。そして、使ったあとはしっかりとすすぎます。

カサカサ乾燥肌・敏感肌の方は、とりわけお湯の温度にもご注意ください。

30℃以上でお顔の汚れが取れてきますので、30~38℃くらいのぬるめのお湯で汚れを落とすのが一番です。

熱いお湯での洗浄は、逆に肌の水分を蒸発させてしまうことになります。

ここで、注意したいことは、洗浄剤のすすぎ残しです。

すすぎ残しは、お肌のトラブルにもなりますし、乾燥にもつながります。十分にすすぐことを忘れないようにしましょう。

シャワーは、お顔にダイレクトにあてると毛穴が開くのでダメです。

若さのキープケアの基本は「下から上に」お湯をあて、ふき取りにくいフェイスラインは横を向いてお湯を当てます。

手加減することなくふいてしまうと乾燥の原因になりますので、ふかふかタオルで優しく水分をふき取ることにしましょう。

クレンジングは優しくして肌荒れから脱出

クレンジングは肌に優しく落とすためにミルクかクリームタイプのものを使うことがポイントです。

ここでも、ゴシゴシと落とすとお肌にダメージを引き起こし乾燥肌とか色素沈着などの原因にもなります。

クレンジング剤もお肌をなるべく刺激しないものを使うようにしましょう。

化粧水とクリームは手で優しくなじませる

化粧水・クリームはハンドプレスでソフトになじませる。化粧水・クリームも、刺激性の高いものダメです。

手にクリームを広げ、肌に包みこむようになじませましょう。一度に取り入れるというのではなく、何回かにより分けてなじませます。

このとき、パッティングは肌のストレスになるのでしないこと。

乾燥がひどいときは、コットンを化粧水でたっぷり浸してパックをするように、さらに水分を染み込ませるようにしましょう。

お肌のトラブルに気づいたら、保湿効果の高いクリームを投入して、できるだけ早くスキンケアするのが大切です。

乾燥や赤みが気に掛かる頬は、量を多めにして、Tゾーンなどの分泌が多いところは少なめの量にするのがポイントです。

ベタつかないように、部位ごとに使う量をコントロールすることがキーになるところです。

肌がナーバスになると、肌のケアアイテムがしみるような肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。

このようなときには、やり過ぎたケアをするとマイナス効果になります。

バームやクリームのマイルドなケアで肌を一休みさせてガードすることが一番いい方法です。

お肌の表面ではなくて、肌内部の回復ケアが大切なんですね。

つぎのように保湿系クリームの顔での使い方が紹介されてますので、

参考にしてください。

保湿クリームの顔での使い方を見てみる