作者別: ボビー

乾燥肌・敏感肌に最もいい洗顔方法とは?

基本的に乾燥肌の方は、皮脂がわずかな量しか分泌されないため、

洗顔のたびに洗顔料を使うと洗い流し過ぎが生じてしまいます。

それでは、間違いのない洗顔方法を順番にご紹介します。

洗顔料は使わないほうがいい

乾燥肌だったり、敏感肌の人は、洗顔料を利用しない洗顔がおすすめです。

ぬるま湯や水だけの洗浄をすることによって、汚れを上手に落としながらも、

皮脂を取り除く成分が含まれている洗顔料からの負荷を受けなくて大丈夫だからです。

まず最初は、石鹸などを使って手をきれいに洗い清潔にします。

汚れている手では、手に残された雑菌が顔に移って増加させてしまうかもしれないからです。

洗う水はぬるめがいい

顔の汚れを落とす時の温度は人肌よりぬるいくらいの温度38℃程度がおすすめです。

熱過ぎてしまうと大事な皮脂まで取り除かれてしまい、さらに乾燥肌を悪い状態にしてしまいます。

それとは逆に、冷たい水も素肌へ負担をかけてしまうのでダメです。

指の腹部を使ってリラックスしてやんわりなでるように洗い流すようにします。

すすぎ終わったらさわり心地のよいきれいなタオルを肌に当てるようにして水分を取り除きます。

このとき、どんなことがあってもゴシゴシと拭くことのないようにしましょう。

ぬるま湯洗顔のあとに拭き取り化粧水でケア

ぬるま湯のみの洗顔だけではべたつきが気にかかってしまうときは、

拭き取り化粧水を使ってみましょう。

拭き取り化粧水とは、肌の過剰な角質や汚いものなどを落とすことに特化させた化粧水のことです。

クリーニングするだけでなく、コラーゲンやヒアルロン酸などのうるおい成分も含んでいるので、

化粧水本来の効果もあります。

これをたっぷりと含ませたコットンで肌をやんわりとなでるようにお手入れする方法です。

コットンに汚い物がついてきた箇所は繰り返し使用せず、きれいな部分を使うのがコツになります。

ふき取りが終わったら、顔を水で洗い流さず、引き続いていつもの化粧水やクリームで保湿を行います。

洗顔の代わりにスチーマーをつかうとき

毛穴の詰まりが気になっているけれど、乾燥と刺激が気になるので洗顔自体を抑えたいという方は、

スチームを浴びることでお手入れするのもひとつの方法です。

スチーマーを使って水蒸気を5分あたり浴びたらタオルでソフトに拭きます。

そうしてから、いつもの乾燥肌対策を行いましょう。

スチーマーがなければ、その代わりに蒸しタオルを顔に乗せて

5分くらい置くのもいい方法です。

洗顔後のスキンケアで大事なこと

洗顔後のスキンケアで一番大事なことそれは保湿です。

そして、次に大事なことが、紫外線を避けることです。さらに適度な運動も大事なことになります。

それでは、順番に解説していきます。

保湿化粧品を忘れないこと

保湿化粧品には、おのおの重要な働きをしてくれます。

化粧水は、失われた水分を補てんして、美容液が効果を活用しやすい下地づくりをするために活用します。

美容液は、肌トラブルに応じて必要な栄養分を与えるために使います。

加えて乳液やクリームは、水分や美容液の成分を肌の内側に押し込めるためです。

こういったアイテムのどれが抜け落ちても健康な肌を保持することができません。

洗顔後も気を抜かずスキンケアを意識してすることをおすすめします。

洗顔後は、できるだけ早く保湿することが大切です。特に入浴後の保湿には注意する必要があります。

というのも、湿気の多い浴室から一歩外に出たそばから肌の乾燥が急速に始まるからです。

さらに、洗顔後は、あまり時間を置かないことが大切です。できる限り早く保湿することが大切です。

特に、お風呂にはいった後は、保湿には注意する必要があります。

普通の洗顔後よりもより早く肌の乾燥が始まってしまうからです。

洗顔後は、できるだけ早く保湿することが大切です。特に入浴後の保湿には注意する必要があります。

というのも、湿気の多い浴室から一歩外に出たそばから肌の乾燥が急速に始まるからです。

紫外線対処方法を忘れないこと

ほんの少しの紫外線であっても繰り返して浴びていると肌の表面は角質が増えて、肌の内側はバリア機能が低下します。

肌を保護してくれているバリア機能が低下すると水分が蒸発しやすくなりより乾燥が進みます。

つまり、紫外線は乾燥肌のみならず、あらゆる女性の大敵だと言えます。

夏だけでなく、一年を通して紫外線をストレートに浴びないようにお気を付けください。

日傘やつばの広さがある帽子など紫外線対策グッズを活用しましょう。

また、可能な限り日影がたくさんある道を歩くなど、身近にあるところから気をつける必要があります。

程よい運動で血行をよくすること

調和がとれた運動をして血の巡りを活発にするとターンオーバーが高まって、乾燥肌対策につながります。

じつは、体内で蓄積された老廃物が乾燥肌の原因になります。

運動をすると血の流れが滑らかになり、汗をかいたりすると老廃物が排出されてお肌のターンオーバーを促進してくれます。

散歩やサイクリング、ストレッチ体操など、自分にぴったりの運動を可能な頻度で継続的に行うことが大事です。

スピードウォーキング、歩幅を広げて歩く、上下階の移動時にはできる限り階段を利用することでも構いません。

乾燥した顔にはどんなスキンケアがいいの?

顔のラインがゆるんできて、スキンの薄い目の辺りのクマやお肌のくすみが次から次へと出てくる。

お顔の肌は乾燥するしちょっとした肌ダメージを引き起こすとどうやっても立ち直らない。

そんなとき、助けてくれるのがいろんな化粧水とクリームですね。

でも、使い方を間違うとダメージ肌を治すどころかさらに荒れてしまうこともあります。

ここでは、乾燥肌の顔にどのようにすればいいのかスキンケアについて考えてみました。

乾燥肌から脱出するコツとは?

ほとんどのお肌のトラブルは、まず乾燥肌から始まります。

このカサカサ肌から脱出することが大切なんですが、じつはチョットしたコツがあります。

顔の汚れから脱出

顔の汚れとは、インナーから分泌される汗や皮脂とか皮膚にある常在菌がもたらす代謝物から、外側から引っつくホコリなどといったところです。

こういったものをきちんと落とすには、肌に優しい弱酸性で、負荷が低く洗浄する力の高いアミノ酸系洗浄剤をうまく使い、

その濃さとボリュームに基づいてよく泡立て、くれぐれもゴシゴシしないことです。そして、使ったあとはしっかりとすすぎます。

カサカサ乾燥肌・敏感肌の方は、とりわけお湯の温度にもご注意ください。

30℃以上でお顔の汚れが取れてきますので、30~38℃くらいのぬるめのお湯で汚れを落とすのが一番です。

熱いお湯での洗浄は、逆に肌の水分を蒸発させてしまうことになります。

ここで、注意したいことは、洗浄剤のすすぎ残しです。

すすぎ残しは、お肌のトラブルにもなりますし、乾燥にもつながります。十分にすすぐことを忘れないようにしましょう。

シャワーは、お顔にダイレクトにあてると毛穴が開くのでダメです。

若さのキープケアの基本は「下から上に」お湯をあて、ふき取りにくいフェイスラインは横を向いてお湯を当てます。

手加減することなくふいてしまうと乾燥の原因になりますので、ふかふかタオルで優しく水分をふき取ることにしましょう。

クレンジングは優しくして肌荒れから脱出

クレンジングは肌に優しく落とすためにミルクかクリームタイプのものを使うことがポイントです。

ここでも、ゴシゴシと落とすとお肌にダメージを引き起こし乾燥肌とか色素沈着などの原因にもなります。

クレンジング剤もお肌をなるべく刺激しないものを使うようにしましょう。

化粧水とクリームは手で優しくなじませる

化粧水・クリームはハンドプレスでソフトになじませる。化粧水・クリームも、刺激性の高いものダメです。

手にクリームを広げ、肌に包みこむようになじませましょう。一度に取り入れるというのではなく、何回かにより分けてなじませます。

このとき、パッティングは肌のストレスになるのでしないこと。

乾燥がひどいときは、コットンを化粧水でたっぷり浸してパックをするように、さらに水分を染み込ませるようにしましょう。

お肌のトラブルに気づいたら、保湿効果の高いクリームを投入して、できるだけ早くスキンケアするのが大切です。

乾燥や赤みが気に掛かる頬は、量を多めにして、Tゾーンなどの分泌が多いところは少なめの量にするのがポイントです。

ベタつかないように、部位ごとに使う量をコントロールすることがキーになるところです。

肌がナーバスになると、肌のケアアイテムがしみるような肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。

このようなときには、やり過ぎたケアをするとマイナス効果になります。

バームやクリームのマイルドなケアで肌を一休みさせてガードすることが一番いい方法です。

お肌の表面ではなくて、肌内部の回復ケアが大切なんですね。

つぎのように保湿系クリームの顔での使い方が紹介されてますので、

参考にしてください。

保湿クリームの顔での使い方を見てみる

顔のベタベタは乾燥が原因?

顔のべたつきは女性でも男性でもありがちですが、

乾燥肌とは関係がないと思っておられませんか?

じつは、べたついたお顔は乾燥肌が一つの原因に

なっていることがわかっています。

ここでは、そんなベタベタするお顔の原因と

スキンケア対策について解説しています。

顔がベタベタする原因とは?


お顔がベタつくのは、過剰に皮脂成分が生じてしまってるためだと

言われています。

では、過剰な皮脂が出てしまうのはどうしてでしょうか。

そのキーポイントとなる原因についてご紹介します。

ベタツキの原因その1

お顔のベタついたお肌が油っぽく感じたり、ヌルヌルする原因としては、

皮脂が出てきやすい脂性肌であるということが考えられます。

お肌がヌルヌルと感じてしまうのは皮脂成分によるものなので、

皮脂が生じやすい脂性肌の方は、お顔のベタツキが

気がかりになってしまいます。

ベタツキの原因その2

お顔がべたついているからご自分には乾燥なんて

関係ないと思っておられませんか?

でも、実際は、ベタツキの原因の1つにお肌の乾燥があります。

健康な肌では、皮脂成分が皮膚をカサつきや細菌の増殖などから

ガードする役割を果たしています。

けれども、乾燥したお肌では、皮膚の水分がなくなり、

ダメージを受けた肌を乾燥から守ろうとするために、

過剰に皮脂成分を生み出してしまうのです。

ベタツキの原因その3

食習慣は、皮脂量の増大に大きく関与していると指摘されています。

脂肪分とか糖質などを過剰に摂取しすぎと、

お肌から出る皮脂の量も増加することになります。

また、インスタント食料品とかファーストフードなどの外食では、

ビタミンやミネラルなどが不足し、皮脂量に影響を与えてきます。

一方、環境によるストレスや睡眠不足も皮脂量に影響を与える

原因になっていることがわかっています。

顔のベタツキのスキンケア対策とは

顔のベタツキの原因が乾燥の場合でも、基本的なスキンケアは同じです。

重要になるのは過剰な皮脂は抑えて、余分な皮脂成分は除き、

お肌を守ってくれる皮脂は残すようにすることが大切です。

この場合にも、十分に水分をお肌に取り込むことも忘れないでください。

適度に洗顔する

過剰な洗顔は、抑えて1日2回までにするようにしましょう。

洗顔時にはよく泡立ててやさしく洗い、必要な皮脂成分まで

洗い流してしまわないようにすることがポイントです。

洗顔してもベタツキが気になる場合には、ティッシュを活用して

ソフトに押し当てるようにして拭き去るのが望ましいと思います。

十分な保湿のスキンケア

乾燥したお肌にはしっかりと水分を補って、たっぷりとうるおい対策を行います。

セラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分を含んだ化粧水を使って

しっかりと水分を補充します。

そのあとは、保湿系の乳液やクリームなどで油性成分を補充します。

とは言っても、過剰な油性成分を与えないようにすることがポイントです。

自分自身のお肌の状態を観察しながら、使う量を少なめにしたり、

油性成分の少ないものを選ぶなど工夫することも大事です。

顔の乾燥肌!気になる原因とは?

顔のお肌のバリア機能がダウンして水分保持力が弱まった乾燥肌は、かゆみや赤み、ぶつぶつをともなうこともあります。

ここでは、そんな乾燥肌の原因を探っていきたいと思います。

乾燥肌の対策をする前にきちんとその原因を理解するところから始めてみましょう。

乾燥肌の原因とは?

ちなみに、乾燥肌とは、皮膚のバリア機能が崩れて肌表面がカラカラになって角層細胞がめくれてあがってくる状態です。

乾燥肌の原因その1

あなたの顔の皮膚のもっとも外側にある角質層では、角質細胞がレンガのように積み上げられ、

そのすきまを角質細胞間脂質などが埋まっています。

この角質層が、「肌のバリアー機能」をつくり、外界のドライや太陽光に含まれる紫外線、バイ菌などの異物の侵入をガードしています。

けれども、カサカサになった肌では、細胞間脂質や水分が減ってきて角質層細胞がはがれやすくなっており、

肌と衣服がコスレあったり、お肌のひっかきなどが引き金となって、さらにバリア機能が崩れて乾燥肌が浸透していきます。

空気が乾燥する時期は、冬が多いと思われがちですが、じつはオールシーズン、1年にわたりいつでも起こることがあります。

このごろのマンションは機密性が高く、冷暖房の利用により建物の中の空気はかなり乾燥しています。

このような空気が乾燥した環境で何時間も過ごすと、お肌の水分が蒸発して乾燥肌へと変化していきます。

乾燥肌の原因その2

活き活きとした肌は、ターンオーバーといわれる新陳代謝をくり返すことで、角質層細胞を常に新しいものに入れ替え、肌のバリア機能をキープしています。

しかしながら、20代の若い頃は約4週間のローテーションで行われていた角質層のターンオーバーも、年齢とともにそのサイクルが長期化します。

古くなった角質層細胞が肌表面に蓄積したまま自然にはがれ落ちにくくなり、さらに悪循環を繰り返して乾燥肌が進んでいきます。

また、このターンオーバーの乱れは加齢に起因するほか、血行障害や睡眠が不足していること、

バランスが良くない食物栄養などでも起こりやすくなります。

乾燥肌の原因その3

正しくないスキンケアとか間違ったケア商品の使い方も、肌の乾燥を起こす原因となります。

お顔の汚れを落とすために洗顔のときに肌をゴシゴシこすったりする強い摩擦も乾燥肌を引き起こします。

また、熱いお湯でシャンプーしたりすると、皮膚表意面の角質層を傷つけてバリア機能が崩れてしまい、

水分の蒸発がもたらされて肌の乾燥が進行します。

このような誤ったスキンケアを継続していると、バリア機能の悪化が引き起こされます。

このバリア機能の悪化でますます乾燥が進み、さらに紫外線、摩擦などが加わると炎症まで引き起こす場合もあります。

このような状態になるとホコリや花粉、カビ・雑菌など、ほんの少しの刺激にも肌が過敏になることもあります。